作成者別アーカイブ: KobayashiIsao

入舟番屋リベンジ

昨日の惨劇を忘れることが出来ないので、いざ、入舟番屋でのイカ刺しをリベンジすることに。
今日こそは食べてやろう・・・

ということで、懲りずに来店しました。今度は大丈夫でした。

函館 入舟番屋

念願の「イカ刺し定食」を食べることができました。これで、1,500円(税込)です。
イカ刺し、いもの塩煮、塩辛、お新香、イカゴロが付いております。

函館 入舟番屋

イカゴロが付いているのが、鮮度の高い証拠です。イカゴロと共に刺身をいただくと、イカの甘さとゴロの甘さで味が濃厚になります。

函館 入舟番屋
イカゴロ

イカゴロを醤油に溶かして食べるののがコツです。これが美味しいのです。
イカ刺しの単品でも、1,000円(税込)なので、定食にしなくてもいい方は、単品でご注文ください。

函館 入舟番屋

こちらは、何気に添えられた「いもの塩煮」です。この上に塩からを置いて食べるのが、函館流です。
昔ながらの塩からですので、酒飲みの塩から仕様になっており、目の覚める塩からさです。

函館 入舟番屋

入舟番屋特性の「イカ刺し用醤油」です。イカ刺し専用の醤油で、いただきます。
土日限定で開くお店ですので、ご注意下さい。

入舟番屋
所在地 函館市入舟町16-7
電話番号 0138-23-3195
営業時間 土日11:00~14:00(6~12月)※2014年7月12日(土)・13日(日)は休み

Sugi’s Cafe Bar(スギーズカフェバー)

入舟番屋を後にして、急遽、気になっている所に移動しました。
Sugi’s Cafe Bar(スギーズカフェバー)

和洋折衷の建物で、一度は入りたくなるような魅力的な建物です。
ランチもあるようなので、入ってみることにしました。

Sugi's Cafe Bar_01
Sugi’s Cafe Bar(スギーズカフェバー)外観

ランチは、小鉢があるものと、大正カレー、スパゲッティーの単品があり、小鉢のランチを選びました。

Sugi's Cafe Bar_02

Sugi's Cafe Bar_03

ランチ小鉢、これで800円(税込)です。ボリュームがありますねぇ。
土日限定の「シフォンケーキ(税込400円。セットは700円)」もあり、今度はシフォンケーキをいただきに行きたいと思います。

Sugi’s Cafe Bar(スギーズカフェバー)
所在地 函館市弁天町16-9
電話番号 0138-23-3308
営業時間 11:30~22:00、日曜日は17:00まで
定休日 水曜日、11月末~3月は休業

入舟番屋でイカ刺しを食べよう

函館の入舟町では、「入舟番屋」があり鮮度の高い「いか」を食べることが出来るということで行ってみました。
土・日限定で店は行われていて、11:00〜14:00までの営業時間です。
今日は、イカ刺しの気分だったので行ってみました。

ペリーハウスから徒歩でも約15分くらいで、到着します。

入舟番屋

今日は新鮮なイカが食べれる気持ちで、他のことは考えていません。

ん、様子がおかしいなぁ〜

入舟番屋

残念ながら、今日はイカ刺しはお預けになりました・・・・ああ

鮮度のいいイカ刺しを食べるまで、またリベンジするぞ!

函館元町早朝スナップ・元町公園周辺

昨日から宿直しておりまして、早く目が覚めてしまい、早朝散歩をしてきました。
早朝からこの界隈を歩くと気持ちがいいですね〜

海の方に向かうか、函館や方面に向かうか、
さて、今回はどうしようかなと考え、函館山方面に歩くことに。
元町公園界隈まで歩きました。

元町公園での確認するのは、「アンネ・フランクのバラ」というのがあったなぁと思いつつ、咲いているだろうと確認しに行きました。
ありましたバラ、「スーブニー・ド・アンネ・フランク(アンネの想い出)」咲いておりました。

元町公園 バラ
スーブニー・ド・アンネ・フランク(アンネの想い出)

看板に

第二次世界大戦、ナチスの迫害で犠牲になった少女アンネ・フランク。父オットー・フランクとベルギーの育種家が、オランダの隠れ家に咲いていたバラをもとに、平和への祈りを込めて新しいバラを作った。今は、世界各地に花開いている。

と記してあります。
元町公園 看板
看板

函館でバラと言えば、旧イギリス領事館の庭がバラ園になっております。だいぶ疲れてきていますが、まだ見られるますね。
旧相馬邸駐車場から、旧イギリス領事館の庭が見られますね。昨日、庭園内の木々を手入れしていたので、見られる様になりました。

旧イギリス領事館 バラ園
旧相馬邸駐車場より

さらに函館山を見ると、手前につつじが咲いて、「坂の街・函館」という名前が似合う光景です。

函館山 坂の街

元町周辺での散策は、早朝でも普段気が付かない光景を見つけることができます。
ちょっと朝、早起きして歩いてみませんか?

次郎うどん かけの並

次郎うどん

函館の十字街まで足を延ばしてみました。この周辺にも、美味しい店がございます。
本場の四国のうどんの味が楽しめるお店です。

函館 次郎うどん

四国のうどんはコシがあり、のどごしを楽しめるうどんで、ダシも北海道とは異なりダシがよく効いてるダシです。関東より以北では、醤油色になっていて丼の底が見えないのが特徴です。
北海道では、「薄味(うすあじ)」という言葉で片付けてしまいますが、味が本当に薄いのかと申しますと、そうではなく「ダシの味が濃厚」という表現がいいかもしれません。
北海道は東北の影響もあり、塩分の多く採っていました。最近の健康志向か、セルフの讃岐うどんの北海道進出が先かは定かではございませんが、ダシの味を楽しめる環境になってきました。

ここでいつも注文するのは、「かけの並」と天ぷらのトッピングです。
今回は、天ぷらのちくわが品切れということもあり、讃岐うどんのかけの並のみです。

讃岐うどん
小(200g) 310円
中(250g) 360円
大(350g) 460円
特大(500g) 590円

と、量から選び、「温かい」「冷たい」を選び、トッピングを選びます。
トッピングでは、

天ぷら(かきあげ、ちくわ、かぼちゃ)各110円
がごめおぼろ昆布 50円、岩のり 50円、玉子 50円、きつね 110円

と選べるます。価格もリーズナブルで、昆布ダシの美味しいうどんが食べれます。

次郎うどん かけの並

十字街 次郎うどん

住所 函館市末広町6-10
電話番号 
080-5583-0866
営業時間 11:0014:3017:0019:30
定休日 火曜日 ※年末年始、夏期休暇の営業はお店にお問い合わせください。