月別アーカイブ: 2014年6月

次郎うどん かけの並

次郎うどん

函館の十字街まで足を延ばしてみました。この周辺にも、美味しい店がございます。
本場の四国のうどんの味が楽しめるお店です。

函館 次郎うどん

四国のうどんはコシがあり、のどごしを楽しめるうどんで、ダシも北海道とは異なりダシがよく効いてるダシです。関東より以北では、醤油色になっていて丼の底が見えないのが特徴です。
北海道では、「薄味(うすあじ)」という言葉で片付けてしまいますが、味が本当に薄いのかと申しますと、そうではなく「ダシの味が濃厚」という表現がいいかもしれません。
北海道は東北の影響もあり、塩分の多く採っていました。最近の健康志向か、セルフの讃岐うどんの北海道進出が先かは定かではございませんが、ダシの味を楽しめる環境になってきました。

ここでいつも注文するのは、「かけの並」と天ぷらのトッピングです。
今回は、天ぷらのちくわが品切れということもあり、讃岐うどんのかけの並のみです。

讃岐うどん
小(200g) 310円
中(250g) 360円
大(350g) 460円
特大(500g) 590円

と、量から選び、「温かい」「冷たい」を選び、トッピングを選びます。
トッピングでは、

天ぷら(かきあげ、ちくわ、かぼちゃ)各110円
がごめおぼろ昆布 50円、岩のり 50円、玉子 50円、きつね 110円

と選べるます。価格もリーズナブルで、昆布ダシの美味しいうどんが食べれます。

次郎うどん かけの並

十字街 次郎うどん

住所 函館市末広町6-10
電話番号 
080-5583-0866
営業時間 11:0014:3017:0019:30
定休日 火曜日 ※年末年始、夏期休暇の営業はお店にお問い合わせください。

第9回たそがれ講談

第9回 黄昏〜たそがれ〜講談会のお知らせ

毎月、カフェやまじょうで行われる「たそがれ講談会」も9回目になりました。
函館の偉人や出来事を講談で聴けます。回も重なりもうお馴染みかもしれませんが、告知は初めてです。

講談は、日本の伝統芸能の一つで、歴史は「落語」よりも古い話芸です。東京の寄席でも滅多に聴けない「講談」を函館元町で聴けるとなれば、一度足を運んでみてはいかがでしょう

いよいよ、「大岡政談〜徳川天一坊(最終回)」を迎えます。前回はいい所で終わってしまいましたが、とうとう最終回です。
「クロード神父伝〜若き日の武勇伝〜」、「斉藤三平伝」を行われます。

斉藤三平?知っています?
私がリクエストさせてもらいましたが、面白い人なんですよ。北斗市の茂辺地でいも焼酎を作ろうとしていた人のお話です。講談でどう表現しているか、楽しみです。

第9回たそがれ講談

第9回たそがれ 講談会
出演:荒到夢形
日時:2014年6月22日(日)16:00〜17:00
場所:カフェやまじょう 函館市元町30−5 電話:0138−27−2370
料金:1,000円(ワンドリンク付き)
お問い合わせ:0138−32−7781 (携帯)080−3266ー8044(荒井)

カフェまるせん おかゆプレート

おすすめの「おかゆ」です!

函館ペリーハウスは、食事の提供はしておりません。
朝食は、コンビニのおにぎりも悪くないですが、ちょっと朝の散歩として朝食を食べに行くのはいかがでしょうか?

函館国際ホテルの隣に、ニチロビルがあり、その1階の「カフェまるせん」です。

カフェまるせん 函館ペリーハウス

ニチロビルの中も雰囲気がよく、店内にはジャズが流れております。函館らしい雰囲気の中でおすすめするのは「おかゆプレート」750円(税抜き)です。

カフェまるせん 店内

開店午前9時から11時だけ食べられる「おかゆプレート」です。

カフェまるせん おかゆプレート
おかゆプレート

ボリュームのある「おかゆ」とサラダが付いています。
函館観光のスタートするのに、朝食をいただきにまち歩きしませんか?

Cafe&deli MARUSEN
BreakfastTime 9:00〜11:00
Lunch & CafeTime 11:00〜18:00
定休日:毎週火曜日
住 所:函館市大手町5−10 ニチロビル1階
電 話:(0138)85−8545

これからよろしくお願いします!

北海道函館に、マシュー・ペリーが来ていたことはあまり知られていなく、今回はペリーが函館に来て踏んだ所の近くで、ゲストハウスをオープンすることになりました。

これから皆様、ご贔屓によろしくお願いします。

ペリーPhoto